財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > 自己資本比率、固定比率による財務分析(会社の安定)

自己資本比率、固定比率 -貸借対照表による財務分析
  〜安定性の財務分析

  1. 自己資本比率で、返済不要の資本割合を見る
  2. 固定比率で設備投資の状況を見る

1.自己資本比率

返済不要の資本割合はどれくらいかを判断する数値です。

自己資本比率=自己資本÷総資本(自己資本+負債)×100

 ※総資本‥‥貸借対照表の負債合計+純資産合計

自己資本とは会社が株券を発行して調達した資本金や、利益の一部を積み立てた剰余金、法定準備金などのことをいいます。その自己資本が総資本に対して何%なのかを見る指標です。株主資本比率とも呼ばれています。

自己資本比率が高いと経営が安定している、自己資本比率が低いと経営が安定していないということになります。

自己資本は返済の義務がないので、数値が高ければ高いほど一般的に会社は健全であると判断できます。

今すぐ相談する!

2.固定比率

会社が無理な設備投資を行っていないかを判断する数値です。

固定比率=固定資産÷自己資本×100

 ※固定資産‥‥貸借対照表の資産の部の固定資産合計

固定資産の調達が自己資本でどのくらいまかなわれているのかを示す指標の一つです。一般的に自己資本の範囲内に収めることが望ましいとされています。

設備投資過剰の疑いがある場合に固定比率をチェックしてください。固定比率が高すぎるということは、借入金での購入が多いことを示し、安全性が低いと判断できます。

理想は100%以下、100〜120%であれば健全、200%を超えると要注意です。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)