財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > 損益計算書による財務分析(安全性)

インタレストカバレッジ
  〜安全性の財務分析-損益計算書

  1. インタレストカバレッジ(利息の支払能力)
スポンサーリンク

1.インタレストカバレッジ

会社に利息の支払能力があるのか?を判断する数値です。

インタレストカバレッジ=(営業利益+受取利息)÷支払利息・割引料

営業利益に対する金融費用(支払利息・割引料と受取利息の差額)の影響を示す指標で、会社の利息支払能力がわかります。

インタレストカバレッジは、事業活動で得た営業利益と受取利息の合計が、支払利息・割引料の何倍になるかを示し、数値が高ければ、会社の利息支払能力が高いということになります。

つまり、営業利益や受取利息が多く、借入金など有利子負債が少なければ、インタレストカバレッジは高くなります。逆に、インタレストカバレッジが低くなるのは、有利子負債が多いか、本業による利益が少ないかのどちらかです。

インタレストカバレッジが1倍を下回るようでは、本業の利益で金融費用をカバーできないということになり、こうした状態が長期間続くと危険な状態であるといえるでしょう。

インタレストカバレッジの全業種平均は、約3.2倍となっていますが、業種によって大きく差がありますので、自社の数値が適正かどうかは、同業他社や業界平均と比較する必要があります。

>>キャッシュフローから見る支払い能力(営業キャッシュフロー対利息支払額倍率)について

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク