人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 一般労働者派遣 > 人材派遣業者の合併・営業譲渡の取扱

人材派遣業者の合併・営業譲渡の取扱

  1. 吸収合併
  2. 新設合併
  3. 営業譲渡・譲受

1.吸収合併

  1. 合併後に存続する法人が、合併前に一般労働者派遣事業の許可を得ておらず、合併後に一般労働者派遣事業を行う場合

    新規許可申請が必要です。

    この場合、通常の許可申請と同様の手続が必要となりますが、一般労働者派遣事業の許可の期間に空白が生じることを避けるため、合併の日付と同日付けで許可することが可能となるよう、合併を議決した株主総会議事録等合併が確実に行われることを確認できる書類を添付して、存続法人において事前に許可申請を行います。

  2. 合併後に一般労働者派遣事業を行う場合であって、存続法人が一般労働者派遣事業の許可を得ているとき

    新規許可申請を行う必要はありませんが、合併により法人の名称等に変更がある場合には、変更の届出を行います。

今すぐ相談する!

2.新設合併

新設合併の場合(合併する法人がすべて解散し、それと同時に新法人が設立される場合)、合併後に、一般労働者派遣事業を行うときは、新規許可申請が必要です。この場合、吸収合併の1と同様の手続によって事前に許可申請を行うことになりますが、申請時には新法人の主体はないため、特例的に合併後の予定に基づいて申請書等を記載するものとし、新法人設立後、予定どおり設立された旨を報告します。

今すぐ相談する!

3.営業譲渡・譲受の取扱

吸収合併のときと同じ取扱になります。

今すぐ相談する!

申請手続きの関連リンク

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可の有効期間と更新、変更申請

法人合併時の取扱について


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ