人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 有料職業紹介 > 日本国内に法人がないが求人可能か?

Q.国内に法人がない外国法人ですが、日本人を求人し、外国の会社に紹介する場合は、許可が必要でしょうか?

新規サービスとして、ある分野に特化した人材紹介事業を展開しようとしております。 (主にウェブ上で)『日本にいる人材を募集→中国国内の企業に紹介 』 というモデルを実現しようとしておりますが、日本国内に法人はなく、上海のみにあります。中国の人材紹介業の許可は取得しております。

そこで、
・日本に法人がなくても日本向けに募集できるか
・できない場合、日本で法人設立・有料職業紹介の許可が必要か

という2点についてお伺させていただきます

スポンサーリンク

A.日本での許可は必要です。

基本的に、日本国内で紹介業を行う場合は、許可が必要になります。

この許可を外国(中国)で使用する場合は、その国で紹介業のライセンスを有した会社等と、アライアンスを締結し、初めて事業が可能となります。

当職の経験では、アメリカの会社が、日本で求職者(日本人)を募集しアメリカの企業に斡旋を行う場合は、やはり、日本法人を設立し、有料職業紹介事業のライセンスを取得しております。

アメリカの場合、州法において、日本で言う職業安定法のようなものが存在しておらず、さらに連邦法でも存在しておりません。(サービスベンダー登録をすませることで、現地の所得税法上の法律に則って、紹介業を行う。という法律の制限が課せられます。)

つまり、アメリカにおいては、アメリカで募集した人間を、どこの国の会社に紹介しても、逆に、どこの国でどこの国の人材を募集しても良いという法律上の解釈になります。

しかしながら、その求職者を日本から募集する際は、日本の職業安定法が存在するためにライセンスの所得に至ったというわけです。

このケースから判断すると、中国で、日本の職業安定法に該当するような法律が、たとえ、その対象地域を限定せずに、全世界において、可能であるとされていても、日本人を日本国内においてサーチすることは、厚生労働省は、日本の法律に則って、適法であるとはみなさないでしょう。日本人を、日本国内で募集する際には、確実に紹介業のライセンスが必要になるとお考えください。

例えば、ウェブ上で、御社様の会社が求職者を募集することが可能なのは、御社の従業員として採用する場合のみと考えるのが妥当ですね。これを、御社様が仲介して、どこかの企業に紹介するとなると、 国内で募集する場合は、職業紹介の許可が必要となると判断できます。

ということで、基本的には、日本に法人がなくても日本向けに募集できるかは不可であると、当職は判断します。日本法人(支店)の設立は、アメリカの会社の例からみても可能であると、判断できます。

今すぐ相談する! 

有料職業紹介運営ノウハウ関連ページ

他社との業務提携

インターネットの活用

求職者・求人者との信頼関係維持

面接・相談・紹介の手順

面接時に聞いてはいけないことは?

日本国内に法人がないが求人可能か?

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク