人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 有料職業紹介 > 運営上の注意点 > 労働条件の明示

人材紹介事業の労働条件の明示

  1. 明示すべき労働条件
  2. 労働条件の明示方法
スポンサーリンク

1.明示すべき労働条件

職業紹介事業者は求職者に対して。求人者は職業紹介事業者に対して、労働条件等を明示しなければなりません。つまり、職業紹介事業者は求職者に対して労働条件等を明示しなければなりませんが、逆に求人者に対しては労働条件等を明示せよと言える事になります。

明示すべき労働条件とは?

  1. 労働者が従事すべき業務の内容に関する事項
  2. 労働契約の期間に関する事項
  3. 就業の場所に関する事項
  4. 始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働(残業)の有無、休憩時間及び休日に関する事項
  5. 賃金の額に関する事項
  6. 健康保険法による健康保険、厚生年金保険法による厚生年金、労働者災害補償保険法による労働者災害補償保険、及び雇用保険法による雇用保険の適用に関する事項
    これが労働契約締結時の労働条件等と異なるかもしれない場合は、「異なる場合がある」と明示しておくとともに、実際に異なる事となった場合には、当該明示を受けた求職者等に速やかに知らせる事が必要です。逆に言えば、上の条件を満たせば、労働契約締結時の労働条件等と実際には異なる事を書いておく事も可能です。

今すぐ相談する!

2.労働条件の明示条件

労働条件は書面の交付による行う事が必要です。但し、緊急の必要があり、予め書面を交付することが出来ない場合であって、明示すべき事項あらかじめ書面以外の方法により明示したときは、書面を交付しなくても問題ありません。

書面の交付とは、直接書面を交付する方法や郵送による交付を言います。FAXではできない事になっていますが、明示を受ける者の希望があれば電子メールによる送信をもって交付とする事も可能です。

今すぐ相談する! 

職業紹介運営リスク回避関連ページ

人的リスクと金銭的リスク

求職者の均等待遇と個人情報保護

紹介先労働条件の明示

業務運営規定明示と求人・求職の受理

人材紹介業の苦情処理

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク