人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 有料職業紹介 > 運営上の注意点 > 苦情クレーム処理

有料職業紹介(人材紹介)事業の苦情・クレーム処理

  1. クレーム・苦情が発生したら
  2. 苦情の捉え方
  3. 外部機関への相談

1.クレーム・苦情が発生したら

苦情が発生した場合、職業紹介者は求職者・求人者からのかかる苦情について適格に対応する事が求められています。

苦情が発生した場合、次のような対応を取る事が大切です。

  1. 最初の対応が重要です。迅速に、誠意を持って対応する事が大切です
  2. 逃げ腰な態度や無責任な姿勢では、問題をより増幅します
  3. 苦情に関する事実や背景を正確に把握する事が大切です
  4. 紹介所内部の責任者とも、綿密な連絡、相談をしてください
  5. 責任者が適切な処置をとれば、解決できる可能性が大きくなります

人材紹介会社は、求人者と求職者の間のトラブルの間には入ってはいけませんが、各関係者から、人材紹介会社に対する苦情・クレームについては、誠意ある態度で対処することが必要です。

今すぐ相談する!

2.苦情の捉え方

苦情の捉え方は5W1Hによると便利です。

  1. WHO   誰が
  2. WHEN  苦情の発生時期
  3. WHERE  苦情が発生した場所、組織等の中の位置
  4. WHAT   苦情のポイントは何か、被害・損害の正確な内容
  5. WHY   苦情発生の原因、どんな経緯があったか
  6. HOW   苦情発生後の時系列的経過、行動対応の方法

状況を、整理し、把握することが肝心です。

今すぐ相談する! 

3.外部機関への相談

自社で解決が難しいと考えられる場合は、公共職業安定所、関係団体その他関係機関との連携によって解決を図る事も考えるべきです。その場合には、紹介の経緯や苦情の内容等事実についての文書が必要です。そこで、照会の実施にあたっては、求職者との面接・相談の日程、主要な相談記録、求人者への紹介記録など、簡単なものでも、メモを保存しておく事が大切です

今すぐ相談する!

職業紹介運営リスク回避関連ページ

人的リスクと金銭的リスク

求職者の均等待遇と個人情報保護

紹介先労働条件の明示

業務運営規定明示と求人・求職の受理

人材紹介業の苦情処理


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

アクセスランキングTOP10

外国人・年少者を登録スタッフにする場合の注意点

特定労働者派遣事業と届出

一般労働者派遣事業許可の有効期間と更新

有料職業紹介事業の許可申請Q&A

有料職業紹介事業の手数料(売上)について

有料職業紹介業をインターネットだけでやる場合のシステムの完成度はどれくらいですか?

有料職業紹介業許可の有効期限・更新時期・変更申請

人材紹介事業、他社との業務提携

一般労働者派遣事業の許可申請・要件

有料職業紹介事業とは?

人材サポートカテゴリ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ