財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表(決算書)とは? > 経常利益(損益計算書)

経常利益(損益計算書)

  1. 経常利益とは?
  2. 営業外収益
  3. 営業外費用


1.経常利益とは?

営業利益は、企業の営業活動によって得た利益ですが、それには財務活動による損益は含まれていません。

これに対し経常利益は、財務活動による損益も含めて計算した利益を表しています。

財務活動とは、資金の調達や運用に関して生じる取引のことで、営業活動とは明らかに異なるため、区分して表示されます。

経常利益=営業利益+営業外収益−営業外費用

経常利益は、会社の財務活動までをも含んだ利益なので、一定期間中の会社の経営努力の成果を表しているといえます。

資金に余裕のある会社は、営業外費用よりも営業外収益のほうが多くなりますので、営業利益よりも経常利益が多くなります。

一方、資金に余裕がなく借入金が多い会社は、営業外費用が多くなり、営業利益よりも経常利益が少なくなります。

したがって、経常利益は、会社の総合的な収益力を示しているということがいえます。

今すぐ相談する!

2.営業外収益

営業外収益とは、財務活動により生じた収益のことで、主に会社が保有する金融資産に対して、他の会社から分配を受けた配当や利息のことです。

これらは、元本が何であるかにより、異なった項目で損益計算書に表示されます。

今すぐ相談する!

3.営業外費用

営業外費用も、主に金利などの金融商品です。

企業は、銀行から借り入れをしたり、社債を発行したりして資金の調達を行います。借入金や社債には金利を支払う必要があります。

このような金利は、本来の営業活動以外により生じたものなので、「営業外費用」として計上されます。




関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

財務サポートのホーム

相談・お問い合わせ

財務サポートアクセスランキングTOP10

利益率で収益性の分析 利益率計算〜収益性の財務分析(経営分析)-損益計算書

支払い能力(流動比率・当座比率)の計算〜安定性の財務分析-貸借対照表

企業会計原則〜財務諸表作成のルール

財務分析の3つの目的

回転率の計算(棚卸資産、売上債権、総資本)〜生産性の財務分析-損益計算書

営業キャッシュフローと負債比率で支払い能力分析〜会社の安全性

CFOからCEOになれる人・なれない人。その違いとは?

営業収入

当期未処分利益(損益計算書)

自己資本増加率・総資本増加率 -成長性の財務分析〜貸借対照表による財務分析

財務サポートカテゴリ

▼会計知識を活用した財務戦略入門

財務戦略入門INDEX

誰も気付いてない経理と財務の根本的な違い?

キャッシュフロー経営の正体とは?

会計知識を豊富に持ちながら破綻した男の話

ROAを高める本当の話

▼決算書(財務諸表)

財務諸表・連結財務諸表(決算書)とは?

貸借対照表とは

損益計算書とは

キャッシュフロー計算書とは

株主資本等変動計算書

個別注記表

▼財務諸表による財務分析

財務分析の3つの目的

貸借対照表による財務分析

損益計算書による財務分析

キャッシュフロー計算書による財務分析

中小企業の財務指標(データ)

▼減価償却と繰延資産

減価償却とは?

繰延資産とは?

▼財務用語集

財務用語集

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

財務サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ