財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表(決算書)とは? > 税金(損益計算書)

税金(損益計算書)

  1. 税金とは?
  2. 法人税法上損金とならないものの具体例
  3. 法人税法上益金とならないものの具体例
  4. 税率
スポンサーリンク

1.税金とは?

当期純利益は、税引前当期純利益から「法人税及び住民税」を差し引いて計算します。

会社が支払っている税金には次の3種類があります。

税金は、税引前当期純利益の金額に税率をかけて計算されるわけではありません。損益計算書上の税引前当期純利益と、税務署へ提出する申告書上の課税所得とは、必ずしも一致するとは限らないからです。

会計上の利益と税務上の利益は異なるからです。

税法の規定に従って加減し直すことを「申告調整」といいます。

今すぐ相談する!

2.法人税法上損金とならないものの具体例

今すぐ相談する!

3.法人税法上益金とならないものの具体例

今すぐ相談する!

4.税率

これらの税金のうち、法人税と住民税が「法人税及び住民税」として損益計算書に記載されます。

事業税は、営業費用の中の「販売費及び一般管理費」に区分されます。事業税は、会社が事業活動を営むのに必要な治安、環境整備などの公共サービスに対する負担という意味を持っているためです。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク