財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表(決算書)とは? > 売上高(損益計算書)

売上高(損益計算書)

  1. 売上高とは?
  2. 売上計上、業種別の基準

1.売上高とは?

売上高とは、一定期間に商品や製品の販売、サービスの提供などによって得た代金のことです。異業種間では単純比較はできませんが、会社の事業規模を示す基本的な数値です。

では、売上高は事業活動の取引において、いつの段階で計上すればいいのでしょうか?

売上高は、「実現主義」の考え方に基づいて、業種ごとに基準があります。

今すぐ相談する!

2.売上計上、業種別の基準

(1) サービス業

サービスの提供が完了した日

(2)建設業

建設工事が完了し、引き渡した日
  ※建設業の場合は例外があり、大型ビルなどの長期建設工事を請け負った場合、建造物の完成・引き渡しを待たずに、工事の進行に応じて収益を計上することが認められています。(工事進行基準)

(3)製造業や販売業

財貨サービスの販売時点(販売基準)
  ※販売基準には以下のようなケースがあります。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)